Google
トップページに戻る

このサイトに来てくださった方へ

先日、何年も引き出しの奥に眠っていた原稿を発見しました。
タイトルは、「医学生時代」と言います。

何年も前に丹念に学生時代を思い出して
書いていたエッセイです。

たくさん残っていたから、週に1つ出しても、
きっと、半年ほど楽しめると思います。

読み返してみてびっくりしました。

医学生時代って、こんなに面白かったとは!
辛い実習も、辛い試験も、
時間が経ってみると楽しかったと思えます。

そしてこんなに多くの人から、
いい医師になれと大切に育ててもらったのか〜
そんなことをしみじみと感じて、
とても幸せな気持ちになれました。

医学生のみなさん、お医者さんのみなさん、
医師になることを夢見ているみなさん、
きっと、その人生の選択は正しいと思います。

これからの時代もまだまだ、
医師を始めとする医療者のニーズは高いですから、
多くの人が医療を選ぶと、多くの人が助かります。

辛いことがあっても、悲しいことがあっても、
学生時代を思い出すと
きっと、乗り切れると思います。

医療者のメンタルヘルスの一貫として、
このエッセイを、自分の学生時代を思い出す
機会にしてください。

また明日から頑張れると思います。

      
           橘 ゆうき  niya.gif  
posted by ゆうき at 01:42 | Comment(38) | TrackBack(15) | 前書き

コンテンツ

【1】前書き
【2】J医科大学・医学部受験の日
【3】J医科大学入学試験、個人面接
【4】J医科大学、入寮の日
【5】J医科大学、学生寮の部屋
【6】J医科大学、入学式前日
【7】J医科大学 ちょっと変わった入学式
【8】 真夜中の白衣 その1
【9】 真夜中の白衣 その2
【10】真夜中の白衣 その3
【11】女子医学生の居場所
【12】女子医学生のお風呂場事情
【13】J医科大学の教育
【14】ドイツ語の花梨先生1
【15】ドイツ語の花梨先生2
【16】ドイツ語の花梨先生3 
【17】J医科大学、初めての試験
【18】J医科大学、生物学実習
【19】J医科大学、北口デビュー
【20】J医科大学、2年生に突入だ〜
【21】パンダの目 その1
【22】パンダの目 その2
【23】パンダの目 その3
【24】初めての解剖学実習 その1 
【25】初めての解剖学実習 その2
【26】初めての解剖学実習 その3 
【27】初めての解剖学実習 その4 
【28】恐怖の組織プレパラート試問 その1 
【29】恐怖の組織プレパラート試問 その2 
【30】恐怖の組織プレパラート試問 その3 
【31】恐怖の組織プレパラート試問 その4  
【32】恐怖の組織プレパラート試問 その5  
【33】病棟実習が始まった NEW
posted by ゆうき at 10:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 目次・コンテンツ

あなたの心を守りたい by 舘有紀



こんにちは、橘ゆうきです。

実は、わたしの友人、
内科医の舘有紀が本を出すことになりました。
2006年10月28日出版の予定です。



目次
1:心の痛みを癒す、とっておきの習慣
2:ストレスに負けない心をつくる
3:相手との距離のとり方を知っていますか?
4:仕事から逃げたくなったときの対処法
5:よりよく生きる意外なコツ
6:死を恐れなくなるスピリチュアルな視点


以下は、舘有紀からのメッセージです。

ーーー

現代人の多くが、ストレスを抱えて生きており、
心を守るための危機管理を自分自身で行わなければ、
生きるのが難しい時代になってきているように思います。

・どうすれば、苦しみから脱却できるのか。
・どのような考え方をすれば、ストレスから身を守れるのか。
・どうやって世の中や他人、また自分と折り合いをつけていくのか。

そのような視点で、
心の危機管理のコツを書き出してみました。

医療者だけではなく、介護に当たっている方、
病気と闘っている方、教育者、組織のリーダー、
多忙なビジネスマン、人間関係で悩んでいる方が、
自分の心を守っていくために役立つ内容に
なっているのではないかと思います。

ーーーー

これを読んで興味を持たれた方は、
ぜひ、ご一読下さいね。



あなたの心を守りたい
  …女性医師が現場でつかんだ心の危機管理術


posted by ゆうき at 08:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。